フォークリフトの免許また種類について

僕がフォークリフトの免許をとったのは3年前です。

高校を卒業して、会社の研修でとりましたが、5日間でとれました。 内容としては学科の勉強です。フォークリフトの仕組みや、法律や規則などを勉強してすぐテストをしました。合格しなくても2回目もやらせてもらえました。

次は実技です。練習は最初にやりますが、本番は決められたらコースを周り指定のものを台に上げるというものです。 注意したいのが、コースは線が引かれているのでそこを踏むと減点になります。また物を台に上げる時も置くところに線が引いてあるので、そこからはみ出していると減点になります。

結果はその日うちにいわれます。また免許証も貰えました。

次はフォークリフトの種類についてです。 カウンターバランスフォークリフトです。

これが皆さんが一番見てるフォークリフトだと思います。 フォークを上下させるためのマストを車体前方に備えており、車体後方にカウンタウエイトを設けたフォークリフトです。タイヤの角度が70度以上回るので小回りが利きます。 次はアーチ式のフォークリフトです。

このフォークリフトは、フォークが前に出るのが特徴です。また座席がないので立ったままでの操作ですタイヤの角度が90度近く回り、機動性が高いです。主にバッテリで駆動するため室内でよく使われていると思います。

Copyright(c) 2015 フォークリフト免許辞典 All Rights Reserved.